もし被害にあったら

ダニの被害にあった場合には、まずは病院に行き適切な治療を受けるべきでしょう。
場合によっては何が原因か知る事ができますし、原因が分かれば対処する事が可能です。
行くべきは皮膚科であり、診断結果に従い治療を行うべきです。
ダニの跡は1年以上残ってしまう事もあるため、最初の治療が重要です。

駆除はプロに依頼

自力での駆除を行う場合、知識がなければ無駄になってしまう事も少なくありません。
市販の燻煙系薬品の場合、布団や本の間に入っているダニを駆除する事はできません。
そのため、駆除したつもりでも数日後にまた被害にあってしまう可能性があります。
ダニ退治を行うのであれば、専門のダニ駆除業者に依頼してしっかりと対処してもらうべきです。

ノイローゼ

ダニは寝ている間に体を刺すため、姿が見えない相手と戦う事になります。
駆除をしたつもりでも、本当に駆除できているかどうかは不安なものです。
何度駆除しても被害が消えないとなれば、不安から夜眠る事ができずにノイローゼ状態となってしまう人も少なくありません。
ダニに襲われたからと言って死ぬ事は滅多にありませんし、落ち着いて対処すれば解決するので悩み過ぎない事も大切です。